日本ピアノ調律師協会トップページ 支部トップ

記事一覧

中部支部「よんよんコンサート」のお知らせ   2014年03月03日(月)02時50分

アップロードファイル 35-1.jpg

中部支部の今年の「よんよんコンサート」(4月4日pm6:45~三重文化会館小ホール)は、ピアニスト北住淳さんの、J.S.バッハとジョン・ケージのプログラムによるリサイタル。そこにはプリペアドピアノ作品が数曲含まれています。アメリカの作曲家ジョン・ケージ(1912 ~1992)が1940~50年代にかけて作曲した、プリペアドピアノのための作品は、ピアノの弦にピアニストがいろいろ細工をほどこすことで音色を変化させ、ピアノ表現の可能性の幅を広げたと最近になって評価が見直されてきています。しかし、発表当時は前衛的でアナーキーな方法と考えられていたようにみうけられ、必ずしも一般的に受け入れられていた訳ではなかった。ちなみに今でも、ピアニストが事前にプリペアするために指で弦に直接触れたりするので、担当の調律師や会場側からはあまりいい顔をされないかもしれない。その調律師の集団である日ピによる事業のコンサートで取り上げるのであるから興味深い。それから、プログラムには「4分33秒」というタイトルの、いわば究極的なピアノ曲(沈黙だけ)も予定されていて、北住淳さんによる演奏は、かつての前衛の旗手のもくろみを、バッハとの対比によって、現代の聴衆へどれくらいのインパクトをもたらすか楽しみです。きっと、春宵の値千金なひとときになることと思います。
チケット購入等、コンサートに関するお問い合わせは
事務局 加藤 明 090-3939-9359
又は事業部 山田悦司 090-1751-6496まで。

日本ピアノ調律師協会