ピアノ調律技能検定

学科試験実施要領

学科試験実施要領PDFダウンロード

1 試験の内容

(1) 試験時間:60分
(2) 問題数:50題(真偽問題(A群)25題、多肢択一問題(B群)25題)

B群の選択肢数
1級
2級
3級

(3) 解答の方法
マークシート方式
(4) 配点について
真偽問題(A群)は1点、多肢択一問題(B群)は3点 合計100点です。

2 注意事項

(1)試験途中での退場者の再入場は認められない。
(2)試験問題の表紙は、指示があるまで開けないこと。
(3)答案用紙(真偽法と多肢択一法の併用)に受検番号、氏名を必ず記入すること。
(4)指示に従って、問題数と問題はA群(真偽法)とB群(多肢択一法)とに分かれていることを確かめること。
それらに異常がある場合は、黙って手を挙げること。
(5)試験開始の合図で始めること。
(6)解答の方法(真偽法と多肢択一法の併用)
ア A群の問題(真偽法)は、一つ一つの問題の内容が正しいか、誤っているかを判断して解答すること。
イ B群の問題(多肢択一法)は、正解と思うものを一つだけ選んで、解答すること。
二つ以上に解答した場合は誤答となる。
ウ 答案用紙へ解答する際は、答案用紙に記載されている注意事項に従うこと。
エ 解答は、全てB又は2Bの鉛筆で記入すること。
(7)電子式卓上計算機その他これと同等の機能を有するものは、使用出来ない。
(8)携帯電話等は、禁止する。
(9)試験中、質問があるときは、黙って手を挙げること。ただし、試験問題の内容、漢字の読み方等に関する質問には答えられない。
(10)試験終了時刻前に解答ができあがった場合は、黙って手を挙げさせて、係員の指示に従わせること。
(11)試験中に手洗いに立ちたいときは、黙って手を挙げ、係員の指示に従うこと。
(12)試験終了の合図があったら、筆記用具を置き、係員の指示に従うこと。

3 試験当日に持参する物

(1) 受検票(学科)、写真票
(2) B又は2Bの鉛筆、消しゴム他

4 問題用紙の持ち帰りと正答の公表

(1) 問題用紙の持ち帰りは可能とする。
(2) 正答は、一般社団法人 日本ピアノ調律師協会のHPで試験終了後、公表する。